スイング

ダウンブローの打ち方【インパクトの意識が重要です】

ダウンブロー

どうも、もっぴーです。

 

ゴルフでよく耳にするダウンブロー。ゴルフをやってる人なら、一度は打ち方について調べたことがあると思います。

すると、こんな答えが返ってきませんか?

  • 最下点より手前でインパクトする
  • ハンドファーストに構える
  • 上から打ち込む意識を持つ

上記の感じです。

 

言っていることは理解できるし、試すことも可能です。

しかし、問題が生じます。

 

【問題】新しいことを試すとミスが多くなる上に、ダウンブローに打ててるのか分からない。

 

試してみるものの、ミスが多くなるから諦めてしまいます。

 

多くの謎を含んだダウンブローですが、

この記事を読んで頂くと、

  • ダウンブローとは何か
  • ダウンブローを打ち方
  • ダウンブローの確認方法

上記3つが分かります。

 

ダウンブローについて違った視点から、僕の考えをシェアしたいと思います。

参考にしてみてください。

 

ダウンブローとは何か

ダウンブローの説明のときに、必ずクラブヘッドの最下点の話が出てきます。

クラブの軌道は円弧になるので、最下点が必ず存在します。

 

ダウンブローとは、クラブヘッドが最下点を迎える前にインパクトすることです。

 

こんな感じですが、この説明だけでは不十分です。

 

最下点の把握が難しすぎる話

いーぐる
いーぐる
ダウンブローの仕組みは理解できても、最下点がよく分からないな。
あるば姉さん
あるば姉さん
たしかに。
クラブは長さ・重量・ライ角などがそれぞれ異なるから、最下点の把握は難しいわね。
もっぴー
もっぴー
そうなんだ。だから、最下点は把握していないんだ。(やろうと思ったこともないよ。)

 

最下点を惑わす、さまざまな要因、

  • ボールの位置
  • ライの状況
  • 傾斜地
  • 打つ番手

上記などです。

 

条件が変わったりする中で、最下点の把握は難しいです。

 

インパクトの意識の問題

最下点ではなく、ボールを打つ瞬間の意識の方が大切です。

 

最下点は目に見えないですが、ボールは見えています。

 

そのボールを、どのような意識で捉えるのかが重要ということです。

 

その点を踏まえて、僕の考え方を、

  • スイング
  • ボールの位置
  • インパクトの意識

の順に説明していきます。

 

スイングについて

ゴルフスイング
スイングで特に意識することはありません。

 

  • ハンドファーストに構える
  • 上から打ち込む

上記のようなことも、やりません。

 

スイングで心掛けるのは、インパクトの意識だけです。

「なるべくシンプル」

 

インパクトで、低く長く押し込む意識を持って振ること。

 

この一点です。

 

ボールの位置について

ゴルフスイング
ボール位置は、基本的に身体の中心です。

そして、番手ごとにボールをズラします。

クラブ ボール位置
ドライバー 足のかかと
3番ウッド ボール2個前方
ユーティリティー ボール1個前方
ロングアイアン(6I~) ボール1個前方
ミドルアイアン(7I,8I) 身体の真ん中
ショートアイアン(~9I) ボール1個後方

上表の感じです。

 

これは、最下点ではなく、打ちやすさを考えた位置です。

 

【参考】ロングアイアンは、真ん中だと少し窮屈さを感じるので、ボール1個分ターゲット寄りにズラしています。

 

短いクラブは、ターゲット寄りだと打ちにくいので、ターゲットより後方側に置いています。

 

※打ちやすい所に置くことを考えます。

 

そして、ボールがどこにあろうと、どのクラブで打とうと、低く長く押し込む意識で打つこと。これに尽きます。

 

インパクトの意識について

意識

インパクトでは、ボールを低く長く押し込み意識を持ちます。

※インパクトの参考記事は、
【ゴルフスイングは、頭を残す?インパクトで意識すること】

上記を参考にしてみてください。

 

最下点は考えない

最下点の手前で打つなどとは考えません。

目の前のボールを打ち行くと、本能レベルでボールに意識が行くからです。

 

また、最下点は、腕の伸び縮みが起こるなど、ちょっとしたことで変化します。

 

いちいち気にするよりも、前述した『ボールを低く長く押し込む』ことに集中するべきです。

 

この意識を持つと、結果的に頭が残り、身体の開きが抑えられ、ダウンブローに打てると思います。

 

ダウンブローの確認

ボールの前方に、芝を削った跡(ターフ)が取れるかどうかで判断できます。

 

一つ気をつけておきたいのは、インパクト時のソールの接地面です。

 

【注意】ライ角が合わないと、プロのような長方形のターフが取れません。

 

インパクト時のソールの接地面が傾いていると、ヘッドの先端や根元が接地することになり、芝が偏って削れます。

 

これにより、ダウンブローで打てている場合でも、長方形のターフが取れないことが生じます。

 

もっぴー
もっぴー
ライ角はとっても大事なんだ。

 

ライ角に関しては、ライ角フィッティングの記事で、詳しく説明しています。
アイアンの方向性を決めるライ角【ライ角の調整をしてみた】

 

さいごに

ゴルフスイング

まとめます。

ポイントのまとめ
  1. ダウンブローの定義は、最下点よりも手前で当たること
  2. だが、最下点はカンタンに変わるので把握できない
  3. ボール位置は基本真ん中。あとは振りやすい位置に調整
  4. 大切なのは、インパクト時の意識(低く長く押し込む)
  5. 長方形のターフを取るには、正しいライ角で打つこと

 

また、

  • 上から打ち込む
  • ボールを極端に後方に置く

上記の2つは、スイングが崩れる要因なので、行いません。

 

上手くいった試しがないので、オススメしません。

 

 

ということで、ダウンブローは難しく考える必要はありません。

特別な打ち方をするのではなく、インパクト時の意識に重点を置くことが、僕の考えです。

 

参考にしてみてください。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

 

以上、もっぴーでした。