試したこと

ブッシュネルのレーザー距離計【分かりやすく】比較してみた

ブッシュネル比較
いーぐる
いーぐる
ブッシュネルの中で、どれを選べば良いか知りたい。
あるば姉さん
あるば姉さん
競技使用の有無など、用途別にも知りたいわね。
もっぴー
もっぴー
では、ブッシュネル全9機種の違いと、おすすめを紹介するね。

 

この記事を読んで頂くと、

  • 機種ごとの違い
  • おすすめの機種

上記の2つが分かります。

 

ブッシュネルの『ピンシーカープロX2ジョルト』を使用中です。
その情報を基にして、他の機種と比べてみました。

※ブッシュネルの日本公式サイトを基に比較しています。

 

分かりやすくまとめましたので、参考にしてみください。

 

ブッシュネルのレーザー距離計【分かりやすく】比較してみた

ブッシュネル出典:ブッシュネルゴルフ公式ページ

2019年12月時点で、ラインナップ商品は9つです。

機種(ピンシーカー) 発売日 省略名
プロXEジョルト 2019.8 XE
ツアーV4シフトジョルト 2019.7 V4シフト
スロープL7ジョルト 2018.9 L7
プロX2ジョルト 2017.4 X2
ツアーV4ジョルト 2016.11 V4
スロープツアーV4ジョルト 2016.10 V4スロープ
スロープツアーZ6ジョルト 2014.4 Z6
TEプロX7ジョルト 2014.4 TEプロX7
スローププロX7ジョルト 2014.2 X7

※機種名の頭文字に全て『ピンシーカー』が付きますが、省略しています。

 

また、機種名は、右列の省略名で記述していきます。

 

調べたところ、『XE』『X2』『Z6』が3強のような印象なので、色を変えてあります。

最新機種の『XE』はピンク色、僕の使う『X2』は赤色、根強い人気の『Z6』はオレンジ色で、わかりやすく表示しています。

 

項目別の比較

性能
性能を示す項目を、ザッと8つに厳選します。

  1. 測定可能距離
  2. スロープ機能
  3. スロープスイッチ機能
  4. ESP2
  5. 望遠倍率
  6. 液晶画面
  7. ピント調整
  8. 重量

上記は、重要度の高い順に並べています。

一つずつ見ていきます。

 

重要度①:測定可能距離

測定可能距離は、長ければ長いほど高性能。

3つに分けられます。

測定可能距離 機種
1600y TEプロX7・X7
1300y XEX2Z6・L7
1000y V4シフト・V4・V4スロープ

 

僕が使用する『X2』は、測定可能距離1300yです。

 

もっぴー
もっぴー
正直、1300yで困ったことがないよ。

 

距離が長いに越したことはないですが、1300yもあれば十分です。

 

なので、1600yじゃなくても大丈夫。

1600yの『TEプロX7』と『X7』は、性能が飛び出ているが、他の機種と比べて、

  • 重量が重い
  • 体積がデカい
  • 電池が大きめ

など、やや大型。

自分ではなく、専用キャディに持ち運んで計測してもらうような、プロ仕様の印象です。

 

測定可能距離1000yは、やや劣る

 

『V4シフト』『V4』『V4スロープ』は全て1000yです。

『性能=使いやすさ』になるので、性能をケチったら利便性が劣ります。

 

性能や使いやすさで選ぶなら、1000yだと物足りないかもしれません。

 

重要度②:スロープ機能

スロープとは高低差表示のこと。

高低差が分かり、直線距離に高低差を加味した『打つべき距離』を表示します。

 

  • 打つべき距離
  • 直線距離
  • 勾配(高低差)

上記の3つ全てが分かります。

 

スロープ機能搭載モデルは、全9種類中、7種類。

スロープ機能 機種
あり XEX2Z6・V4シフト・L7・V4スロープ・X7
なし TEプロX7・V4

 

『TEプロX7』『V4』は、『直線距離』しか分からないので、競技仕様です。

 

打つべき距離が分かる、スロープ機能こそ、レーザー距離計の最大の魅力です。

 

重要度③:スロープスイッチ機能

スロープスイッチ機能とは、

  • スロープ機能(打つべき・直線・勾配全て込み)
  • 直線距離のみ

上記の2つが搭載されており、切り替え可能なスイッチが付いているものです。

 

競技では『直線距離のみ』、プライベートでは『スロープ機能』と、使い分けができるオールランド型です。

 

スロープスイッチ機能 機種
あり XE・V4シフト・X2
なし Z6・L7・V4スロープ・V4・TEプロX7・X7

 

この優れた機能は、『XE』『V4シフト』『X2』の3機種のみ。

スロープスイッチ機能は、あった方が断然お得です。

 

『Z6』『L7』『V4スロープ』『X7』の4機種は、

  • スロープ機能
  • 直線距離のみ

上記2つの機能が搭載されていますが、同時に表示されます

なので、公式競技には使えません。

 

また、『TEプロX7』『V4』の2機種は、

  • 直線距離のみ

だけなので、ガッツリ競技仕様です。

 

重要度④:ESP2

ESP2(エクストリーム・スピード・プレシジョン2)の略。

測定結果をより速く、より精細にディスプレイ表示する技術です。

「速くて精密」

 

この技術は、125y以内なら±0.5ヤードの精度で計測できます。

それでいて、0.1ヤードの表示単位を実現します。

 

ESP2なしのものは、±1ヤードの精度です。(±1yでも十分)

 

ESP2 機種
あり X2Z6・L7・TEプロX7・X7
なし XE・V4シフト・V4・V4スロープ

 

僕が使う『X2』は、ESP2ありです。

 

たしかに、速くて正確です。これは、あった方が良いと思います。

 

重要度⑤:望遠倍率

倍率が高いほど、ターゲットに合わせやすくなります。

 

望遠倍率 機種
7倍 XE・TEプロX7・X7
6倍 X2Z6・L7
5倍 V4シフト・V4・V4スロープ

 

僕が使用する『X2』は6倍ですが、全く問題ありません。

5倍は少し劣るのかなといったところ。6倍以上なら文句なし。

 

重要度⑥:液晶画面

ブッシュネルの液晶画面は、

  • VDT(ビビットディスプレイ)
  • LCD(多機能クリスタル)

上記の2つ存在します。

 

液晶画面 機種
VDTとLCDの切り替え X2
VDTのみ XEZ6・その他
LCDのみ V4シフト・V4・V4スロープ

 

『X2』のみが、両方使えて切り替え可能です。

 

VDT(ビビットディスプレイ)の特徴

画面表示が赤色。

周囲の明るさに影響されることなく、認識性の高いハイコントラストです。

 

使用してみましたが、

日中の明るい時間帯はやや見にくい。
薄暗くなってくると、より見やすくなる。

 

総合的に見やすいです。

 

LCD(多機能クリスタル)の特徴

画面表示が黒色。

これに関しては、特に説明はないのですが、

 

使用してみて思うのは、

日中の明るい時間帯は見やすい。
薄暗い時間帯は見にくい。

 

文字が黒なので、辺りが暗くなると、やはり見ずらいです。

※ですが、ゴルフは明るい時間帯でするスポーツなので問題ありません。

 

総合的に認識性が高いのは、VDT(ビビットディスプレイ)だと思います。

 

VDTとLCDの切り替えができる『X2』は優秀です。

 

重要度⑦:ピント調整

ピント調整の度合いに違いがあります。

ピント調整 機種
±3.5° XE
±3° V4シフト・V4
±2° X2Z6・その他

 

もっぴー
もっぴー
僕が使用する『X2』は±2°だけど、全く問題ないよ。

 

この項目はあまり気にすることはないと思います。

 

重要度⑧:重量

本体の重量ですが、多少違いがあります。

重量 機種
300g台 XE・プロTEX7・X7
200g台 X2Z6・L7
100g台 V4シフト・V4・V4スロープ

 

もっぴー
もっぴー
僕が使用する『X2』は227gだけど軽く感じて、装着していても気にならないよ。

 

『X2』『Z6』は227g。『XE』は315g。

 

多少違いますが、参考程度といった感じです。

 

全モデルで共通する点

レッスン内容
比較できない、共通点を紹介します。

 

  • ピンシーカーのジョルト機能
  • 防水性能
  • 1クラスアイセーフレーザー

上記の3つはどの機種も同じ。

 

ピンシーカーのジョルト機能と、防水性能に関しては、別記事でくわしく説明しています。
ゴルフ競技対応、レーザー距離計を購入【比較とおすすめを紹介】

 

レーザーは、人に当たっても安全なレーザーを使用しています。

 

用途別の比較とおすすめ機種

比較

競技対応の有無で分けました。

  • 競技に出ない人:『Z6
  • 競技にも出る人:『X2

上記の2機種がおすすめです。

 

『Z6』と『X2』をベースに考えてみます。

 

競技に出ない人

いーぐる
いーぐる
スロープ(高低差)機能は付けてくれ。
だけど、競技には出ないので、切り替えスイッチは不要だ。

という人には、『Z6』が最適です。

 

デザイン性をプラスしたいなら

『L7』が優秀。

機種 性能 デザイン 値段
L7 同じ 革張り 高い
Z6 同じ

上表のように、

性能は全く同じで、デザインだけ違います。また、『L7』は専用のケースが付いています。

「格好いい」

しかし、値段は2万円ほど高め。デザインを取るか、値段を取るかです。

 

値段を下げたいなら

『V4スロープ』です。

ですが、値段は数千円安くなるだけで、性能はガクッと下がります。

機種 測定可能距離 望遠倍率 ESP2
Z6 1300y 6倍 あり
V4スロープ 1000y 5倍 なし

 

性能差はデカいので、『Z6』に軍配が上がります。

 

競技にも出る人

あるば姉さん
あるば姉さん
練習ラウンドでは、スロープ機能を使いたいわ。
でも競技では、スロープ機能がオフなので、どっちも使える切り替え式が良いわね。

という人には、『X2』が最適です。

 

最先端技術が欲しいなら

2019年8月発売の『XE』が優秀。

『XE』の方が優れている点は、

機種 エレメント機能 ビジュアルジョルト 望遠倍率
XE あり あり 7倍
X2 なし なし 6倍

上表の3項目です。

 

エレメント機能:気温、高度(気圧)が分かる新機能

 

スロープ(高低差)機能に加えて、気温と高度(気圧)を加味した、打つべき推奨距離を表示します。

標高や、時間帯、季節など、さまざまな環境下に適応しています。

 

この機能のすごさは未知数。日本で、どれくらい影響が出るのでしょうか。

 

ビジュアルジョルト:画面が赤く発光する新機能

 

ジョルト機能が作動して、本体がブブッと振るえると同時に、

視界上のレッドリングが発光して、測定完了を視覚でも体感できます。

 

正直これは、本体がブブッと振るえるだけでも十分伝わるので、発光までしなくても構わない気がします。

 

値段を下げたいなら

『V4シフト』です。

ですが、7千円くらい安くなるものの、性能がガタ落ちです。

機種 測定可能距離 望遠倍率 ESP2 液晶画面
X2 1300y 6倍 あり VDTとLCD
V4シフト 1000y 5倍 なし LCDのみ

上表の感じです。

 

値段があまり変わらず、これだけ差があれば、『X2』の方が断然お得です。

 

特化した項目

最新技術
全機種の中で、特化した機能があるものを紹介します。

最新機能

  • エレメント機能
  • ビジュアルジョルト
  • 強力マグネット内臓

上記3つは、『XE』のみ。

※マグネットは、カートフレームなど、鉄素材に装着可能で保管に便利。

 

革張り

本体が革張りの高級仕様は『L7』のみ。

 

液晶画面の切り替え

VDT(ビビットディスプレイ)とLCD(多機能クリスタル)の両方を使えて、切り替えが可能なのは『X2』のみ。

 

日本プロゴルフ協会推奨品認定

プロも認める推奨品機種は『XE』と『X2』の2つのみです。

 

さいごに、総合評価

評価
最後に、全機種を比較した中で、おすすめをピックアップします。

『XE』と『X2』の2強

『XE』と『X2』が僅差といった感じです。

主な違いは、下表です。

XE X2 重要度
エレメント機能
ESP2
液晶画面
望遠倍率 7倍 6倍
ビジュアルジョルト
重量 315g 227g

 

上の項目ほど重要度は高め。

 

『X2』でも十分な性能ですが、やはり『XE』のエレメント機能が気になります。

しかし、液晶画面の選択数や、ESP2の有無に関しては『X2』の方が優れています。

 

評価は互角、あとは値段

機種 オープン価格
XE 74,800円くらい
X2 64,900円くらい

※購入サイトによって値段は大幅ダウン。

やはり、最新機種の『XE』の方が高いです。

 

機能と値段を比べても、似たり寄ったり。あとは、好みといった感じです。

 

まとめ

ブッシュネルの計測器はどれも高性能ですが、比較してみると違いが出てきます。

あなたがどういう用途で使うのか。

  • 競技に出る
  • 競技に出ない

で分かれると思いますし、

 

  • 値段重視
  • 性能重視

でも分かれます。

 

調べた全9種類の中で、『XE』『X2』『Z6』が3強のような印象です。

  • 競技思考:『XE』『X2』
  • プライベート専用:『Z6』

といったところ。

 

値段が張りますので、慎重になって決めてみてください。

 

 

☆最新機種の絶対エース『XE

 

☆総合的に使用したいなら、安定感抜群の『X2

↑↑
『X2』はレビュー記事を公開しています。
【ブッシュネル、ピンシーカープロX2ジョルトを使用してみた】

 

☆値段を抑えられて、プライベート専用なら『Z6

 

参考にしてみてください。

 

長く使えるので、せっかく使うなら妥協せずに選びたいですね。

 

以上、もっぴーでした。